マスク荒れの原因とは?今日から試したいおすすめのスキンケア対策

マスク荒れの原因とは?今日から試したいおすすめのスキンケア対策

毎日のようにマスクを着用する習慣があると、マスクによる肌荒れが気になる方も多いはず。

マスク荒れは、マスク選びやスキンケアによって予防できるかもしれません。

今回は、マスク荒れの原因やスキンケアなどによる対策、おすすめの商品をご紹介します。

マスク荒れの原因とスキンケア方法。おすすめの商品もご紹介

なぜマスクを頻繁に付けていると肌が荒れてしまうのでしょうか。

ここではマスク荒れの原因や対策方法についてご紹介します。

マスク荒れの原因とは

マスク

マスクを付けることによって、肌は想像以上のダメージを受けているそうです。

マスク荒れの主な原因は4つあります。

原因1: マスク着用による蒸れ

マスクの内部は、自分の呼気に含まれる水分や体温によって蒸れやすくなっています。

また、高温多湿な環境では雑菌が繁殖しやすくなっている場合も。

さらに汗や皮脂などの分泌が過剰となれば、アクネ菌が増殖し、ニキビや吹き出物の原因になる可能性もあるようです。

原因2: マスクを外した時の乾燥

マスクを付けていると蒸れやすいことから、乾燥とは無縁のイメージがあるかもしれません。

しかし、逆に乾燥しやすくなっている場合もあるのです。

それはマスクを外したときに蒸発した汗や水分と一緒に、角質層の水分まで奪ってしまうから。

肌内部が乾燥すると敏感肌になりやすく、肌荒れの原因となるかもしれません。

原因3: マスクによる摩擦

マスクの着脱やズレを直す時や、マスクを付けながら会話などで口を動かしただけでも肌に摩擦が生じます。

マスクの着用により、蒸れてデリケートになった肌に摩擦が加わると、肌のバリア機能が低下すると言われているのです。

バリア機能が低下すると、乾燥したり赤みが出やすくなったり、ニキビができたりと肌荒れを招く恐れがあります。

原因4: マスクの素材が合わない

マスクは肌に直接密着するものなので、素材が合わないものを付けていると、かゆみや赤みが出ることもあるそうです。

使い捨て出来る不織布マスクは衛生的ですが、素材が硬いため摩擦が生じやすく、肌トラブルの一因となるかもしれません。

洗って繰り返し使用できる布マスクは、洗濯した時の洗剤の成分が繊維内に残留していて、それが肌への刺激になることも。

マスクによる乾燥や摩擦から肌を守るためには、正しいスキンケアや効果的な対策を心がける必要があります。

マスク荒れを予防するスキンケア

スキンケア

マスク荒れを予防するためには、正しいスキンケアを心がけ、肌のバリア機能を高める必要があります。

マスクで肌が隠れるからと言って、スキンケアを怠らないように注意してください。

クレンジングと洗顔はやさしく

クレンジングは、低刺激で保湿力の高いアイテムを選ぶのがポイント。

シートで拭き取るようなタイプよりも摩擦が少なくメイク汚れも残りにくい、洗い流せるタイプがおすすめです。

クレンジングをした後は、クレンジングの成分が肌に残らないように、洗顔料を使ってダブル洗顔をして、たっぷりの泡を立てて肌を包み込むように洗い、ぬるま湯で洗い流しましょう。

洗顔後は早めに保湿

洗顔後は肌の水分が蒸発して乾燥しやすくなっているため、なるべく早く保湿ケアに移ることが大切です。

化粧水や美容液で肌にうるおいを与え、乳液やクリームを重ねて水分を閉じ込めます。

マスクの蒸れが気になるからといってさっぱりしたタイプのアイテムを選ばず、保湿力の高いアイテムを選んでみてください。

マスクをつける前にも保湿を

マスクをつけて外出する前にも保湿を心がけると、肌のバリア機能が高まって、肌への負担を減らせると言われています。

基本的なケアに加えて頬やアゴなど摩擦がかかりやすい部位には、クリームを塗って保護するのも方法の1つです。

マスク荒れを予防できる対策3つ

布マスク

スキンケア以外にもマスク荒れを予防する方法はあります。

正しいスキンケアと簡単な対策を組み合わせて、より効果を高めてみてください。

対策1: 肌に負担の少ない素材を

マスクの素材は、肌に優しく通気性のいいものを選ぶといいですよ。

最近では、感染リスクを抑えつつ蒸れにくい工夫がしてあるマスクもあります。

感染予防に効果があるとされる不織布マスクが合わないという方は、シルクやガーゼなどの布マスクをしてから重ねるようにすると、肌に直接触れなくなるのでおすすめです。

対策2: 自分に合ったサイズを選ぶ

マスクにはさまざまなサイズがありますが、自分の顔に合ったサイズを選ぶことが大切です。

大きすぎるマスクは隙間から水分が蒸発するため乾燥を招きやすく、感染リスクが上がることも。

反対に小さすぎるマスクは摩擦を生みやすく、肌に負担をかけやすいと言われています。

対策3: マスク内の湿度を下げる

マスクを外した時の乾燥を防ぐためには、外気との湿度や温度の差を減らすことが必要です。

ガーゼやティッシュなど吸湿性のあるものをはさんで、こまめに取り換えるなど工夫するといいですね。

また汗はハンカチで押さえるようにしてこまめに拭き取るようにすると、マスク内を清潔に保てます。

マスクで荒れ気味の肌におすすめのスキンケアアイテム

マスク荒れを防ぐためには、特別なスキンケアアイテムを使って肌をやさしく守ってあげたいところ。

ここでは、「GOOD NATURE STATION ONLINE」で購入できる、おすすめのスキンケアアイテムをご紹介します。

肌に優しいクレンジングオイル

NEMOHAMO クレンジングオイル

米ぬかやオタネニンジンなど、自然由来の成分にこだわった肌に優しいクレンジングオイルです。

つっぱらず肌にうるおいを与えながら、メイク汚れや毛穴の汚れまでしっかり落とせます。

マイルドな使い心地なので、マスクの影響でデリケートになった肌にもお使いいただけます。

優しいアロマの香りに癒されてみてはいかがでしょうか。

肌を潤いで守る美容液

NEMOHAMO フルバリア美容液

厳しい環境下で育てられたオタネニンジンを余すところなくエキス化した、自然由来の美容液です。

乳化剤は使用されていませんが、肌にハリとうるおいを与えバリア機能を助けてくれます

化粧水やクリームの後、肌にうるおいを閉じ込めるように使用するのがベスト。

マスクの摩擦から肌を守るためには、潤いでバリアの膜をはる必要があると言われています。

マスク荒れや乾燥が気になる方におすすめのスキンケアアイテムです。

乾燥肌におすすめのブースターオイル

NEMOHAMO ブースターオイル スムース

ビワやオタネニンジン、赤しそなどの植物エキスを贅沢に使用したブースターオイルです。

洗顔後の乾燥しがちな肌に使用すると、すっとなじんでうるおいを与えるだけでなく、化粧水や美容液を肌の角質層まで浸透しやすくしてくれます。

乾燥や肌荒れなどでゆらぎがちな肌を健やかな肌へと導きます。

肌なじみのいいオイルなので、使用後のべたつきが気になるという方にもおすすめです。

持っておくと便利なマルチバーム

NEMOHAMO マルチバーム

オタネニンジンやホホバ、シアバターなど自然由来の成分で作られた多機能なバームです。

顔や体だけでなく髪にも使用できるのが嬉しいですね。

手のひらに収まる手頃なサイズが魅力で、外出時でもポーチの中に入れられます。

日頃マスクを使用する方は頬やあごなど、マスクがこすれやすい場所にあらかじめ塗っておくのもおすすめです。

摩擦から肌を守り、マスク荒れを防げるかもしれません。

持ち運びできて気になった時に塗りなおすことも可能なので、1つ持っておいて損はないアイテムですよ。

肌のコンディションを整えるスキンローション

NEMOHAMO バランススキンローション

水を加えず植物が保持する水分のみで作られた、肌に優しい化粧水です。

無農薬で育てられた赤しそとヨモギから抽出したエキスで、ゆらぎやすい肌のコンディションを整えます

低分子なので肌に浸透※1しやすく、オイルやクリームともなじみやすいのが特徴。

かさね付けしても重くなりにくいテクスチャーなので、マスク荒れが気になる部分にはかさね付けをしてみてください。

※1:角質層まで

スキンケアの方法に気をつけてマスク荒れを予防しよう

今回はマスク荒れの原因や、予防できるスキンケア方法についてご紹介しました。

蒸れるイメージが強いマスクですが、実は乾燥肌の原因になっていることもあるようです。

マスク荒れ予防にはスキンケアに気をつけて、肌のバリア機能をサポートすることが大切です。

ぜひこの記事を参考にして、マスク荒れ対策をしてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
GOOD NATURE編集部

信じられるものだけを、美味しく、楽しく。我慢するのではなく、楽しみながら、健康的でいいものを自分らしく取り入れる"GOOD NATURE"というライフスタイルをご提案していきます。

TAGS

最近見た記事

人気記事ランキング

サイトマップ
初めての方へ
お買い物ガイド
ご注文について
送料について
お支払いについて
お届けについて
ポイントについて
ランクについて
レビューについて
クーポンについて
キャンセル・
変更について
返品・交換について
CONCEPT
GOOD NATUREとは
コラム
よくあるご質問
お問い合わせ

pagetop