【夏の肌荒れに注意】乾燥肌の原因とスキンケアのポイント

【夏の肌荒れに注意】乾燥肌の原因とスキンケアのポイント

冬と比べて夏の湿度は高いため、肌の乾燥に対して意識が低くなる方もいるのではないでしょうか。

しかし、肌の乾燥を引き起こす原因は夏にも潜んでおり、気づかない間に肌が乾燥してしまうなんてことも。

今回は、なぜ夏に乾燥肌になりやすいのかについてと、乾燥肌を防ぐスキンケアのポイントをご紹介します。

夏の乾燥肌を防ぐスキンケアのポイントを徹底解説

夏でもさまざまな原因によって、肌は乾燥を引き起こしやすくなっています。

ここでは、夏に潜む乾燥肌の原因と、気をつけたいスキンケアのポイントについて、おすすめのアイテムも交えながらご紹介します。

なぜ夏でも肌は乾燥する?

ローションを手に持つ

湿気が多く、べたつきを感じやすい夏の肌は、乾燥していないかのように思えます。
しかし、肌の内側が乾燥している、インナードライな状態になりやすいです。

では、夏にインナードライな感想肌にさせる原因とはいったい何なのでしょうか。

夏の乾燥肌を引き起こす原因には、大きく5つがあると言われています。

原因1:紫外線

夏は、肌が日焼けしやすいですよね。

これは、冬に比べて紫外線の量が多くなるためです。

肌が紫外線にさらされると、肌の表面はもちろん、深部までダメージを受け、肌のバリア機能が失われてしまうと言われています。

そうすると、肌が水分を保持する力がなくなるので、乾燥肌を引き起こしやすくなるのです。

原因2:エアコン

暑い夏には必須のエアコンですが、エアコンを稼働させると室内の湿度が下がり乾燥します。

乾燥した室内に居続けることで、肌からみるみるうちに水分が失われてしまうのです。

また暑い屋外で汗をかき、エアコンが効いた室内で乾燥するという行為を繰り返すことも乾燥肌につながる原因と言われています。

原因3:保湿不足

湿度が高く肌がべたつく夏は、化粧水だけで保湿を済ませたり、さらっとした使用感のアイテムを使ったりしがちです。

しかし肌が潤っていると勘違いして保湿を怠ってしまうと、肌の内部が乾燥する「インナードライ肌」を引き起こすと言われています。

べたつきにくい使用感で、しっかり保湿できるアイテムを選ぶなど、保湿不足にならないよう注意しましょう。

原因4:発汗と摩擦

夏は汗をかきやすいため、その分肌が潤っているように感じます。

しかし、汗も肌を乾燥させる原因と言われています。

汗を大量にかくことで、肌を守っていた皮脂が流れ出し、肌のバリア機能が失われてしまうのです。

また汗をかくと、タオルやデオドラントシートなどで肌を擦ることが増えますが、実はこの摩擦も、肌にダメージを与える原因となるので注意をしましょう。

とはいえ、摩擦が気になるからといって、汗を放置することも良くありません。

汗が蒸発して肌に残った塩分が、肌の刺激となるためです。

擦らないようタオルを押しつけるようにして、こまめに汗を拭きとるようにしましょう。

原因5:偏った食事

夏は食欲がなくなって、ゼリーやアイスなどの食べやすいものばかり口にしてしまう、という方は少なくないのでは ないでしょうか。

また、野菜やたんぱく質をほとんど摂らずに、そうめんだけで済ますなど、夏の食事は偏りがちです。

偏った食事は肌のバリア機能を低下させ、ダメージを受けやすくなるので、肌トラブルが増加すると考えられています。

また体を冷やすような食事を続けていると、体温が下がり血行や代謝が悪くなるので、乾燥肌を引き起こしやすくなるのです。

夏の乾燥肌を防ぐスキンケアとは?

NEMOHAMOスキンケア

夏の乾燥肌を防ぐためには、正しいスキンケアが大切です。

ここでは、ポイントを3つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ポイント1:紫外線対策はしっかりと

紫外線は乾燥肌だけでなく、シミやハリ不足などさまざまな肌トラブルの原因となると言われているので、しっかり対策しましょう。

外出時はもちろん、部屋で過ごすときにも日焼け止めを塗るようにすると安心です。

日傘や帽子、サングラスなど日焼け対策グッズも使うことで、肌にあたる紫外線の量を抑えられます。

ポイント2:汗やメイクをきれいに洗い流す

汗やメイク汚れが肌に残ったままでは、肌荒れを引き起こしてしまいます。

帰宅したらなるべく早く肌の汚れを洗い流すことが大切です。

肌に合った洗顔料を使用し、肌を擦らないように優しく丁寧に洗顔しましょう。

また夏のべたつき汚れを洗い流そうと、洗浄力の高い洗顔料を使用するのはおすすめしません。

肌を守る皮脂まで洗い流してしまうと、乾燥が悪化するので気をつけましょう。

ポイント3:夏でも保湿は怠らない

洗顔をした後は化粧水や乳液、クリームなどを使ってしっかり保湿しましょう。

夏はべたつくからといって、洗顔後の保湿を怠ると、肌が乾燥してダメージを受けやすい状態になります。

日焼けして肌がダメージを受けたときには、肌を氷やタオルなどで冷やすことが大切です。

肌の赤みやヒリヒリ感がおさまったら、シートマスクなどを使って保湿しましょう。

夏のスキンケアにおすすめのアイテム6選

スキンケアにおすすめのアイテム

夏にどんなスキンケアアイテムを選べばよいのか、悩む方も多いのではないでしょうか。

ここではGOOD NATURE STATION ONLINEで購入できる、夏のスキンケアにおすすめの商品を6つご紹介します。

肌に潤いを留めるブースターオイル

NEMOHAMOブースターオイル

ツバキや米ぬか、オタネニンジンなど植物由来の成分で作られたブースターオイル。

こちらは洗顔後の肌に使用することで、肌を柔らかくし、基礎化粧品の浸透(※1)をよくする効果があります。

化粧水が角質層まで浸透(※1)して潤いを与えるので、乾燥肌が気になる方にぴったり。

オイルはべたつくイメージがあり、夏のスキンケアでは敬遠しがちです。

しかしこちらのブースターオイルは肌に浸透(※1)しやすいため、べたつくことなくしっとりとした肌に仕上がります。

クロモジ精油ブレンドの香りで、スキンケアが癒しの時間になりますよ。

(※1)角質層まで

乾燥から肌を守る美容液

NEMOHAMOフルバリア美容液

乾燥や肌荒れなどのトラブルから肌を守ってくれる美容液です。

化粧水やクリームの潤いを閉じ込める効果があるので、スキンケアの仕上げに使用するのがおすすめ。

厳しい環境で生育するオタネニンジンを原料に使用し、植物の持つバリア機能を発揮します。

さらっとしたテクスチャーでしっかり保湿してくれるので、夏でもべたつきを気にせず使用できます。

マイルドで低刺激なクレンジングオイル

NEMOHAMOクレンジングオイル

植物由来の美容成分をたっぷり含んだ、肌に優しいクレンジングオイルです。

夏はメイク汚れと汗や皮脂が混ざり合い、それが肌への刺激となってダメージを与えてしまいます。

一日の終わりにはクレンジングで落とす必要がありますが、クレンジング後の乾燥が気になる方も多いですよね。

こちらのオイルは汚れを落としながら、潤いを肌に届ける新感覚のクレンジングを体験できます。

またこのオイルで小鼻周りをマッサージすると、角栓を取り除く角栓ケアにも

乾燥肌の方や、毛穴のつまり・黒ずみ(※2)が気になるという方におすすめのアイテムです。

(※2)汚れや古い角質による

スペシャルケアにおすすめのディープジェル

NEMOHAMOディープジェル

自然由来の美容成分に濃密なヒアルロン酸が配合された保水美容液です。

化粧水、乳液など毎日のケアでは物足りない時にプラスして使うと、保湿効果が高まります。

また浸透力(※3)が高くメイクの上から使用できるため、乾燥が気になるときにいつでも使えるのもメリット。

肌のキメを整えたいという方や、マスクでの肌荒れが気になるという方にもおすすめです。

(※3) 角質層まで

全身の保湿に使えるマルチバーム

NEMOHAMOマルチバーム

顔や体など肌だけではなく、髪にも使用できる便利なマルチバームです。

ヘアバームとしてスタイリングに使用したり、ハンドクリームとして使ったり、化粧直しのリップに使ったりと幅広く使用できて、お出かけの際に一つ持っておくと安心です。

手のひらに収まるサイズで、バッグの中でもかさばらないのが嬉しいポイント。

シアバターやオタネニンジン、ホホバなど自然由来の成分で肌にも優しく、気になる部分を気軽に保湿できます。

敏感肌でも使用できるスキンローション

NEMOHAMOバランススキンローション

無農薬で育った赤しそやヨモギなどから抽出したエキスで、肌のキメを整えるスキンローション。

洗顔後の保湿に使用するのがおすすめです。

こちらのローションは、水を加えず、植物が保持している成分を絞って作っています。

自然由来なので肌に浸透(※1)しやすく、敏感肌・乾燥肌の方でもお使いいただけますよ。

高い保湿力を持ちながらさらっとした使用感なので、汗をかきやすい夏でも使いやすいはず。

(※1)角質層まで

夏の乾燥肌はスキンケアで予防しよう

湿気の多い夏でも、紫外線やエアコンの風など肌を乾燥させる原因は数多くあります。

夏の乾燥肌に悩まされないように、普段から念入りなスキンケアを心がけましょう。

ぜひ、今回ご紹介したスキンケアのポイントやスキンケアアイテムを参考に、乾燥肌予防をしてみてください。

紫外線の強い夏は髪もダメージを受け、頭皮が乾燥しやすくなっています。

ダメージを受けた髪のケアについて知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

関連コラム:
こだわりの天然成分を配合したトリートメントで、ダメージを受けた髪にスペシャルケアを

この記事を書いた人
GOOD NATURE編集部

信じられるものだけを、美味しく、楽しく。我慢するのではなく、楽しみながら、健康的でいいものを自分らしく取り入れる"GOOD NATURE"というライフスタイルをご提案していきます。

TAGS

最近見た記事

人気記事ランキング

サイトマップ
初めての方へ
お買い物ガイド
ご注文について
送料について
お支払いについて
お届けについて
ポイントについて
ランクについて
レビューについて
クーポンについて
キャンセル・
変更について
返品・交換について
CONCEPT
GOOD NATUREとは
コラム
よくあるご質問
お問い合わせ

pagetop