肌の夏ダメージに。洗顔ソープで「肌を整える」

肌の夏ダメージに。洗顔ソープで「肌を整える」

肌の夏ダメージに大切な3つのポイント

暑さも盛りを過ぎて、朝晩は少し、過ごしやすくなってきましたね。
でも、この時期の肌に、なんとなくの不調を感じる方も多いはず。

それはズバリ、肌の夏ダメージ。

暑さ、汗・皮脂の過剰分泌、紫外線ダメージ、室内外の寒暖差からくる乾燥…
お肌には、夏特有のトラブルが蓄積されています。
さらに、毎日の日焼け止めで、お肌には過度な油分が残りがち。
夏の暑さで毛穴も開いているし、角栓も気になります。

でも、洗浄力が高いだけだと、皮脂を落とし過ぎたり、肌バリア機能も弱めてしまいます。
ただでさえ、紫外線ダメージや乾燥を受けている肌…

そんな肌の夏ダメージに大切なポイントは3つ。

1.皮脂対策
2.肌をいたわる
3.肌を整えて健やかにする

この3つをかなえるのに必要なのが、「洗顔の見直し」。
やさしくしっとり洗えて、毛穴などの不要な汚れはきちんと落とす。
そして、外的トラブルに負けないよう、肌そのものを健やかに整える。

夏を越えてダメージ気味のお肌に、適したケアを行いましょう。

 

皮脂対策と、肌へのいたわり

NEMOHAMOの洗顔ソープは、熱を加えないコールドプロセス製法で作られた固形石鹸です。
この製法が、「皮脂対策」と「肌へのいたわり」へのポイント。

コールドプロセス製法とは、熱を加えず石鹸を作る製法。
熱を加えると、石鹸は早く出来上がります。
でも、天然の保湿成分も蒸発してしまい、汚れは落ちるけれど乾燥しやすい石鹸になるというデメリットが。

皮脂や毛穴に詰まった汚れはきちんと落としたいけれど、肌へのやさしさである保湿成分は残したい。

そんなこだわりから、非効率的と言われるコールドプロセス製法をNEMOHAMOは貫いています。

じっくり作られることによって、
「皮脂対策」と「肌へのいたわり」
この2つが同時にかなう石鹸が出来上がるのです。

お肌を整えて健やかにする

そしてその石鹸を、専用の石鹸熟成庫で45~60日間熟成させています。

この熟成で大切なのは、
溶け崩れしにくくなることと、
pH値が洗顔に最も適した状態になること。

NEMOHAMO洗顔ソープは「弱アルカリ性」であることが大切なんです。

人間の健康な肌のpH値は「弱酸性」。
「中和能」という肌の働きに注目し、弱酸性の肌を、弱アルカリ性のソープで洗うことによって、健やかな肌を保ちます。

毎日の洗顔で、「石鹸で肌を整える」という新発想の洗顔ソープです。

商品紹介

肌の夏ダメージを解決する、洗顔ソープ

NEMOHAMO洗顔ソープ

NEMOHAMO洗顔ソープ

¥ 3,300(税込)

上質な水と一番搾りの植物オイルを使用し、じっくり低温釜焚きすることで、ミネラル・ビタミン等の栄養分をそのまま閉じ込め、熟練の職人が丁寧に一つひとつ手作りした石鹸です。ゆたかな泡立ちで、肌に潤いを与えながら、余分な汚れをしっかり落とし、健やかで明るい肌へ導きます。

TAGS

最近見た記事

人気記事ランキング

サイトマップ
初めての方へ
お買い物ガイド
ご注文について
お支払いについて
お届けについて
ポイントについて
ランクについて
レビューについて
クーポンについて
キャンセル・
変更について
返品・交換について
CONCEPT
GOOD NATUREとは
コラム
よくあるご質問
お問い合わせ

CATEGORY

MARCHE
食品
BEAUTY
コスメ

pagetop